未経験職への面接で心がけたい事とは?

 求人誌やハローワークの求人で「未経験者でも可」と募集されている会社へ面接を受ける場合、未経験だからスキル不足で採用されなさそう・・・自分が受けたい会社であっても後ろ向きな理由で面接を受けずにいては、後々後悔することもあります。では、未経験の場合でも好感触を持たれる面接の受け方で、心がけておきたいポイントとはどんな事なのでしょうか?

 

1・志望動機をきちんと考えておく

 未経験な職種の面接の場合、とにかく「頑張ります。何でもやります」という熱意だけを語っていても、よほどの人材不足でない限り熱意だけでは採用されません。未経験職なのにどうしてこの職種を希望しているのか、入社した後どのような仕事をしてみたいかなど、説得力がある志望動機を考えておかないと採用されにくくなります。

 

2・抽象的なことだけではなく、現実的で具体的な説明を

 未経験なのでどのような仕事なのかは、見聞きしたことでしか判らないかと思います。頭の中の想像でしか語れない部分も多いかと思いますが、今までの経験などから結びつけられる部分を見つけていき、面接官へと語るしかありません。面接を受ける会社のことをよく調べておき、事前に会社のこをと把握しておくことから始めてみましょう。

 

3・最終的には熱意と根性

 最初に熱意だけでは伝わらないと書きましたが、全く熱意がいらないかといえばそうではありません。ただ頑張りたいと思っています、という姿勢だけは誰でもできますので、未経験職というマイナス部分をカバーできるくらいの知識や、今までどのような困難を根性で乗り越えてきたのかなど、自分の熱い意思を伝えるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る