今後の転職の状況を大きく変える「30代」

30代は、転職の勝負の年代

 転職は若いときほどしやすく、歳を取るほど難しくなるといわれています。それは、若い人の方が給料が安く抑えられることと、スキルはそれほど高くなくても、業務量をたくさんこなせる体力がたくさんあるためです。反対に、年齢が高くなると給料とともに、扱う仕事は量よりも質を求められるようになります。そのためキャリアを伴っていない場合には転職が難しくなるのです。それでは、転職が難しくなる時期でも、確実に仕事を見つけて転職を成功させるためにはどうしたら良いのでしょうか?それは、30代のときにどんな仕事をしているかによって、大きく変わります。業務の責任を重くするのは気が引けるかもしれませんが、30代のときの業務経験は将来の転職に確実に役に立ちます。

 

給料の額も30代で決まります

 新人のような気持ちと、ベテランのスキルの間で成長を続けるのがこの30代ですから、ここでの業務ポジションが今後の給料のベース額を決めると言っても過言ではありません。勤続したほうが給料は上がるのが一般的です。しかし転職をした場合にはある程度、額は抑えられた状態からスタートします。それがガマンできるのはやはり30代で、40代に入ってくるとなかなか金額的に見合わなくなってくることが多いようです。そのため、この業界で生きていくと思える仕事は、20〜30代に固めておいた方が良いわけです。


このページの先頭へ戻る