在職中に転職活動をする

 転職活動を始めてすぐに職が決まれば良いですが、求人が少なかったり、内定をなかなかもらえないという場合があります。在職中の人が転職活動をする場合には、今の仕事を辞めずに行い、内定をもらえた段階で退職願を出すようにしたほうが良いです。

 

 仕事を辞めてから転職活動を行う人がいますが、そのほうが活動に専念できるのは事実ですが、あまりにリスクが大きいです。失業手当をもらうことができますが、仕事をしているよりも収入は落ちる上に、給付をもらえる期間が決まっています。生活をしていくためには収入は必要です。

 

 転職先がなかなか決まらずに無職期間が長くなるほど、転職先の企業にとっても本人にとっても良いとは言えないです。無職期間が長いと実務から遠ざかることになり、即戦力を期待している企業からすればマイナスイメージとなります。無職の状態だとすぐに職を探そうというあせりから、冷静な判断にかけてしまったり、面接の時に力んでしまったりということもあります。

 

 転職活動は在職中であっても十分可能です。求人はネットや情報誌などから確認できます。人材紹介会社を利用すると忙しくて時間が取れない人でも支援をしてくれるので、スムーズな活動ができます。
在職中に転職活動をする場合の注意として、親しい同僚にも活動をしていることを言わないことです。情報が漏れて上司に伝われば、社内での立場も気まずいものとなります。



このページの先頭へ戻る