転職活動中はプラス思考と適度な楽観視が大事

転職活動中は、プラス思考がとても大事です。
 転職活動中には、悔しい思いをたくさんすることもあり、自分が誰にも必要とされていないのでは?と思ってしまう方もいらっしゃいます。ですが、中には圧迫面接でもなく、応募者側には何の落ち度もなく、不躾な会社もあることは、これは事実です。ですから、面接などの自分の言動や立ち居振る舞いを省みた場合に実は、反省し過ぎないことという点もプラス思考でいるためには必要な、精神的思考方法になっていきます。

 

 自分を省みて、明らかに限度を超えた対応面接をする面接官が居ることもまた事実です。ただ、世の中にはブラック企業もありますし、「あの会社落ちて良かったね。」と噂されている会社も事実あります。ですから、立て続けに面接に落ちようよも、反省するべき点があったら真摯に反省し、あとは次回に活かす方向に切り替えることが得です。

 

 反省しすぎると内向的になり、マイナス思考になり、卑屈になっていきます。人は完璧ではないこと、そして会社や就業先も一箇所ではないことを肝に銘じて転職活動すると、心に余裕も出てきます。その余裕が逆に、押し付けがましくない印象になり採用されやすいということもあります。

 

 また、不採用が連続している方でも、落ち込む必要は一切ありません。不採用面接をくりかえしていく中で、必ず、次の面接に活かせる質問の答え方や、一見、避難するかのような発言でありながら噛み砕いていくと自分にとって有益なありがたい言葉を言っていただいている場合もあるからです。そういったことを、くりかえしていくうちに、採用面接へ近づいていくことが多いです。



このページの先頭へ戻る