転職面接では何気ない言葉に注意しなければならない

 社会人経験を数年も重ねたあとの、転職面接は特有の難しさがあります。それは、応募者側の社会人としての慣れの問題もあると思っています。面接官側に立って面接を重ねると分かるのですが、たった30分程度の面接時間でもその人の人となりは見事に現れてしまいます。

 

 逆に面接官の仕事は、履歴書に書かれていることの確認などではなく、その人が入社した後の行動をイメージすることです。具体的な職種の問題もありますが、重視される点はその人が会社に馴染むことができるかどうか。会社とは社会の縮図とも言われます。転職者が入ってくるということは、その社会に新しいメンバーが入ってくるということ。その会社に合わないような異端児だとしたら、一気に会社の和は乱れることが予想されます。すぐに退社させることが難しい日本では、採用することについて慎重になっているのが現状です。

 

 面接官としては、その会社でやっていけるかどうかを判断するツールとして日常会話を使っています。直接の仕事の話とは関係ない場面で話す内容について神経と張っています。この人は新聞を毎日読んでいる人かどうか判断するなどというのもよくやる方法です。「おとといの日経に書いてあったあの記事読みました」っと問いかけたときにパーフェクトな回答が応募者から返ってきたときに面接官はどう判断するか。新聞を毎日読んでいるかももちろんですが、業務に関係しそうな記事にアンテナが立ち、なおかつそれを自分の中で活かそうと蓄積することができていると判断します。何気ない問いかけが実は面接の行方を左右するキーポイントになっていることに転職者としては気づかないといけません。もちろん、ガチガチに緊張することはありませんが、会話の応酬については常に気を配っている必要があります。



このページの先頭へ戻る